京都・大阪の椅子張替え、椅子修理はibukiにお任せください

京都・大阪で椅子の張替え、椅子の修理ならIbuki(イブキ)

愛着ある椅子だからこそ
張替えて、使い続ける

張替えのご相談・お問い合わせ

075-200-3827
メールでお問い合わせ
LINE

背表、背裏のあるダイニングチェアの張替え

背表、背裏のあるダイニングチェアの張替え

ご依頼内容: 座面が破れて中身もへたってきたので張り替えたい

張り替え依頼の多くは、ご家庭で毎日のように使うダイニングチェアとソファになります。 今回のご依頼も、ダイニングチェアですが、マチ付きの張り込みや背裏のパイピングなどが施されています。

パイピングとは、ビニール芯に共布(ともぬの)を巻き込んで作る装飾品のこと。

詳しくは以前の事例をご覧ください。 張り替え前の状態を確認すると、背もたれの部分に多少のほつれや劣化がありますが、座面の破れがひどく中身が見えています。

マチ付きの張り込みや背裏のパイピングなどが施された椅子

座面に合わせた型取り、縫製、木枠への張り込み

以前の事例と同様にマチ付きの張り込みのため、座面の型取りが必要となります。 そして、型取り後はミシンで縫製し、木枠に張り込んでいきます。

片ステッチを用いて張り替え

今回の張り替えの特徴は、座面のマチを縫製した後に片ステッチという、AとBの生地を縫製した後に強度を出したり、デザインのアクセントにしたりする手法を用いていることです。(下の写真のマチ部分のステッチが片ステッチです。)

縫製強度を高めたり、デザインのアクセントとなる片ステッチ

続いて背中部分の張り替えです。背表には一体式のパイピング加工がされているため、型取りが必要となります。これを施すことで立体感が出るため、デザインのアクセントによく使われています。

布地からビニールレザーへ生地を変更

「汚れを拭き取りやすくしたい」という理由から、今回のお客様は布地からビニールレザーに変更されました。 実際にこれに近いご相談をよく頂いており、その際に布地とビニールレザーのメリットデメリットをお伝えしています。

ビニールレザー布地
汚れ拭き取りやすいシミになりやすい
尖ったものへの耐性弱い強い

ビニールレザーの「汚れを拭き取りやすい」というのは、裏を返せば 汚れが染み込みにくい ということです。 なので、汗かきの人などは、ビニールレザーのベタつきを懸念されることがあります。

それぞれに特性がありますが、基本的にはお好みの生地を選んでいただけますので、ぜひご要望をお伝えください。

ibuki について

ibuki(イブキ)は、京都府大山崎町の椅子の張替えを行っています。これまでに個人様からアンティークショップ、飲食店、オフィスや、図書館や大学といった公共施設まで、数多くの椅子を張替えてきました。
※見積もり依頼やご相談など、お気軽にお問い合わせください。

LINEで相談
張替えや引き取りなど、お気軽にご相談ください!

張替えに関するお問い合わせ