京都・大阪の椅子張替え、椅子修理はibukiにお任せください

京都・大阪で椅子の張替え、椅子の修理ならIbuki(イブキ)

愛着ある椅子だからこそ
張替えて、使い続ける

張替えのご相談・お問い合わせ

075-200-3827
メールでお問い合わせ
LINE

ソファのウェービングテープの張りなおし

ソファのウェービングテープの張りなおし

ソファの座面のクッションとなるウレタンの下には、バネや板、ウェービングテープが土台として使われています。 今回はソファの座り心地を直して欲しいというご依頼で、このウェービングテープを張り直すこととなりました。

ウェービングテープがソファの土台になる

ウェービングテープとは幅6cmほどのゴムのテープを指し、このテープを格子状に編む事でソファやイスの根本的な座り心地を支えています。なので、この部分が緩んだり、劣化してくると土台として機能しなくなります。

20160912_sofa_weavings_before

生地やクッション材と同じように、ウェービングテープも消耗品です。 10年、20年と使用されていると、経年劣化によりゴムが伸びきってしまいます。 今お使いのソファが、ごそっと沈み込むような座り心地となっている場合は、ウェービングテープが劣化しているのかもしれません。

張り替えだけなく、張り直しも承っています

今回は生地の張り替えではなく、ウェービングテープの張り直しでした。

20160912_sofa_weavings_after

作業は、一度全ての生地を剥がして木枠の状態にし、テープを交換し、張り直していきます。 ソファの張り替えと合わせてご依頼いただく場合もありますが、座り心地を改善するために、このテープだけを交換することも可能です。

ibuki について

ibuki(イブキ)は、京都府大山崎町の椅子の張替えを行っています。これまでに個人様からアンティークショップ、飲食店、オフィスや、図書館や大学といった公共施設まで、数多くの椅子を張替えてきました。
※見積もり依頼やご相談など、お気軽にお問い合わせください。

LINEで相談
張替えや引き取りなど、お気軽にご相談ください!

張替えに関するお問い合わせ