京都・大阪で椅子の張替え、椅子の修理ならIbukiにお任せください

京都・大阪で椅子の張替え、椅子の修理ならIbukiにお任せください

ハンス・J・ウェグナーのソファを張替えました!

ハンス・J・ウェグナーのソファを張替えました!

GWも終わってちょっと汗ばむような気候になってきました。 先日は工房内にツバメが飛び込んできて窓にぶち当たるという事件がありましたが、すっかり動植物が活発になる季節になりましたね~。 そして、同じく冬眠から目覚めるくらいに久しぶりになりましたが、事例をご紹介したいと思います! 今回紹介するソファは椅子好きならもれなく心ときめくであろう、ハンス.J.ウェグナーのヴィンテージソファです! GETAMA社のGE375と思われます。

ハンス・ウェグナー(before) シンプルながら、にじみ出てくる感じの良さ!とっても素敵なソファです。ヘッドのクッションの固定のさせ方が特徴的で、ヘッドクッションに、輪っかに縫ったカバーをして、そこにフレーム上部の横木(上に引くとスッと取れる仕様)を差し込んで、本体に固定するようになっています。取り外ししやすくって、見た目も良くって、意匠を感じます。また、ハイバックなのに威圧感がなくって良い存在感だと思います。 ハンス・ウェグナー(ヘッド) ヘッドのクッションは先に書いたような固定方法で、あとの背と座のクッションは置いているだけです。ですので、今回は本体は預からず、クッションのみお引取り致しました。この場合、納品して設置するまで最終の仕上がりが確認できないので、ちょっと緊張感があるのですが、今回は無事きっちりぴったり仕上り、安堵しました。生地は、お悩みの末、今回はグレー1色となりましたが、ヘッド部分だけ色違いにしてもかわいかっただろうな~なんて勝手に思ったりもしましたが、お選びいただいたRibacoの生地(NC-012)はよく似合っていてベストマッチでした! ソファの背景のタイル壁ともばっちり合っていて、お客様こだわりの空間のお手伝いができたようで嬉しく思っています。 ハンス・ウェグナー(after) 今回、お客様のご意向で本体はお預かりしなかったので、本体のウェービングの修理はしていません。状態としては修理するタイミングだとは思いましたが、今回は見送るということになり、代わりに、座のクッションを硬めにしました。 ハンス・ウェグナー(ウェービング) 使い方や、使った期間、椅子の構造など、それぞれの状態もありますし、柔らかめが好き、硬めが好き、など個人の好みもありますので、いろいろご相談いただければと思います。ただ、柔らかさの具合って、個人の感覚によるところが大きく、お伝えするのが難しい部分だったりはするので、多くの場合はお任せいただいている状況ではありますが、リクエストいただければ、そこは経験をもとにお応えできるよう頑張りますので、どうぞお任せください!

スタッフの鴨嶋でした~

まずはお気軽にご相談ください!

お問い合わせ

CONTACT

9:00 – 18:00/定休日:水曜日・土曜日

お見積もりや
ご相談はLINEが便利!

張替えや引き取りについて、お気軽にご相談ください。

LINE 公式アカウント