京都・大阪の椅子張替え、椅子修理はibukiにお任せください

京都・大阪で椅子の張替え、椅子の修理ならIbuki(イブキ)

愛着ある椅子だからこそ
張替えて、使い続ける

張替えのご相談・お問い合わせ

075-200-3827
メールでお問い合わせ
LINE

座面が劣化したダイニングチェアの張替え

座面が劣化したダイニングチェアの張替え

ご依頼内容: 座ってるところが破れてきたので張り替えて欲しい

お問い合わせ後、ご自宅に伺い見てみると、座面の布地が破れてクッションがヘタっていました。背もたれも破れてはいないものの劣化が進んでおり、弾力はほぼなくなっています。 一般的なダイニングチェアに使われる生地の耐用年数は12年ほどです。ご利用の頻度や時間にもよりますが、この事例の場合は毎日使う食卓椅子で、ちょうど購入から12年経過しており、タイミング的にも張り替え時でした。

ダイニングチェア張り替え前

写真を見てもらうとわかるように、椅子自体の作りは良いので、張り替えればまだまだ使い続けることができます。生地選びでは、高級感あるイメージを崩さないように、張り替え前と同じストライプ柄を選ばれました。

ダイニングチェアの張り替え後

ibuki について

ibuki(イブキ)は、京都府大山崎町の椅子の張替えを行っています。これまでに個人様からアンティークショップ、飲食店、オフィスや、図書館や大学といった公共施設まで、数多くの椅子を張替えてきました。
※見積もり依頼やご相談など、お気軽にお問い合わせください。

LINEで相談
張替えや引き取りなど、お気軽にご相談ください!

張替えに関するお問い合わせ