京都・大阪の椅子張替え、椅子修理はibukiにお任せください

京都・大阪で椅子の張替え、椅子の修理ならIbuki(イブキ)

愛着ある椅子だからこそ
張替えて、使い続ける

張替えのご相談・お問い合わせ

075-200-3827
メールでお問い合わせ
LINE

マチ付きのダイニングチェアの張替え

マチ付きのダイニングチェアの張替え

ご依頼内容: 座面の破れと中身のへたりを直したい

前回のダイニングチェアの張り替えと同じ方から、異なるダイニングチェアのご依頼です。

張り替え前

張り替えをご検討いただく時は、上記写真のような破れやほつれが顕著になった時なので、程度や状況がわかりやすいと思います。 ですが、クッションや中身のへたりは写真だけでは伝わりにくいかもしれません。

モケット素材の張り替え

張り替え後を見て、改めて張り替え前と見比べていただくと、張り替え後の方が弾力があるように見えるのではないでしょうか。布地の破れはすぐに大きくなり、中身の劣化の進行も早くなります。破れが大きくなる前に張り替えをご相談いただくのが一番です。

張り替え時にパイピングをつけない加工にする

パイピングとは、ビニール芯に共布(ともぬの)を巻き込んで作る装飾品のことで、今回の張り替え前の椅子に用いられていました。 ただ、長年使っていると、このパイピングから破れてくることが多いため、張り替え時にパイピングをなくした仕様に変更しました。

パイピング加工

マチ付きの張り込みでは型を作成します

ボウズ張りでは不要だった型を取る工程が、今回は必要となります。マチ付きタイプは座面に合わせて型取りし、生地の裁断、縫製と進み、木枠への張り込みを行います。 このマチ付きタイプには、長時間座っていてもお尻が痛くなりにくい工夫として、土台にウェーブバネ(下の画像)が使われている場合があります。

ウェーブバネ

見た目では判断しにくいので、座面を手で押した時にクッションとは違う跳ね返りがあれば、ウェーブバネが入っているかもしれません。

ibuki について

ibuki(イブキ)は、京都府大山崎町の椅子の張替えを行っています。これまでに個人様からアンティークショップ、飲食店、オフィスや、図書館や大学といった公共施設まで、数多くの椅子を張替えてきました。
※見積もり依頼やご相談など、お気軽にお問い合わせください。

LINEで相談
張替えや引き取りなど、お気軽にご相談ください!

張替えに関するお問い合わせ